ポケモンGOで卵を孵化させる時に、理想的な移動速度があるのを知っていますか?検証した結果どの速度がいいかを紹介します。

ポケモンGOをプレイする時タマゴを孵化させるメリットとデメリット

ポケモンGOで、街を歩いているとポケストップで卵をゲットできる事があります。

たまごはランダムでゲットできますが、いくつか注意点やポイントも知っておくと安心です。

レアポケモンをゲットできるチャンスもありますが、メリットもデメリットもあるので覚えておきましょう。

・卵は捨てる事ができない

ポケストップで入手した卵から、どんなポケモンが生まれてくるかはわかりませんが、もしもあまり気に入らないポケモンでも、捨てる事ができません。

レアポケモンもありますが、人によってはハズレと思ってしまう事もあるでしょう。

でも卵から孵化させたポケモンは、元々のステータスが高いので育てる価値はあります。

歩いて見つけて捕獲する、野生のポケモンよりもステータスが高いから、まだお気に入りのポケモンが見つかっていない人もチャンスがあります。

・卵の速度制限について

卵は孵化装置に入れて孵化させますが、決まった距離を移動しないと孵化できません。

移動距離は卵によって違いますし、移動する時は一定の速度でないと孵化できない仕組みになっています。

距離は5kmや10kmと、卵によって違いますが、移動が面倒だからと車やバイクで移動すると、速度が速すぎて孵化しません。

多少の違いはありますが、だいたい時速10km前後のペースがいいとされています。

自転車での移動もペースを考えて行けば十分可能です。

孵化させたい気持ちはわかりますが、スマートフォンを操作しながらの移動は危険が多いためやめましょう。

◆関連記事紹介≫ ポケモンGO開発会社、「ながらスマホ」防止でJAFと協力 

・まとめ

ポケモンGOは外を歩く事も目的としていますので、卵をゲットしたら自分の足で移動してみましょう。